« (たにがみ農園)冬の梨わさび♪ | トップページ | (せがれ)東京都代官山マルシェにて出品中~♪ »

2013年1月14日 (月)

(せがれ)品種が変わる瞬間・・・♪「高接ぎ技術」

梨農園の冬の仕事は主に梨の樹を切る選定(せんてい)という作業「前回記事(せがれ)剪定作業」のように、いい梨ができるように梨の枝を切ったり引っ張ったりするんですが、他にもタイトルであったように、品種の変更も行います。
「品種変更」
現在、たにがみ農園の半分以上が「二十世紀梨」という品種なのですが、少しづつ新しい品種「新甘泉(しんかんせん)」を増やしています。
しかし、新しく「梨の苗」を植えてから梨が実るまで5年ほどかかります。しかも沢山実るまではさらに10年15年ほどかかります。そう・・・時間がかかるのです。
そこで、「高接ぎ」という技術です。
写真を見てもらえばわかりやすいのですが・・・・
Ncm_0585 下に転がっている木は「二十世紀梨」ですが、残って上に伸びている木は「新甘泉」です。
そう!4年~6年前から「二十世紀梨」を作りながら同時に「新甘泉」の木を伸ばしていたのです。そこで、ようやく大きくなってきたので、今年「二十世紀梨」の枝を切って、「新甘泉」の木となりました。切ることで、さらに新甘泉の成長が進み樹が大きくなっていきます。
「二十世紀梨」が「新甘泉」になる「高接ぎ技術」でした。

|

« (たにがみ農園)冬の梨わさび♪ | トップページ | (せがれ)東京都代官山マルシェにて出品中~♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1319983/48754429

この記事へのトラックバック一覧です: (せがれ)品種が変わる瞬間・・・♪「高接ぎ技術」:

« (たにがみ農園)冬の梨わさび♪ | トップページ | (せがれ)東京都代官山マルシェにて出品中~♪ »